服部良子

Ryoko HATTORI
「最高のバイクで、勝つためにやってきた」
表彰式で彼女はそう言いました。
開幕前からささやかれていたのは今年の女子エリートの勢力図について。
末政実緒はワールドカップサーキット中心に予定を組み、飯塚朋子は女子競輪に転向。
主役不在感はぬぐい去れず、いったいどんなレースになるのか。

しかし始まってみればそれは熱い戦いでした。
頑張って手を伸ばせばそこに表彰台が、そして優勝がある。
意識したくなくてもそれは現実として各選手にプレッシャーを与え、観ている方までその緊張感が漏れ伝わってくる程でした。

勝った服部良子は、まさに勝者にしか言えないコメントを残したと思います。
過去の勝者のコメントには名言が多いが、それを言えた人は勝った人。

地味に盛り上がるダウンヒルシーンの中で実は轟々と燃え盛っているのが女子の戦いかもしれません。
次戦以降もほんとうに楽しみです。