#4 瀬女

九島勇気
瀬女を勝ったのは九島勇気(KHS/重力技研)でした。
僕はSLmという自分のアウトプットを持つことができたので、勇気に関しては次号でじっくり書いてみたいと思います。

初戦をはじめ、全日本と第二戦は一輝、ウイングでまたはじめ、瀬女で勇気。
もう僕は簡単に「世代交代」なんて言葉を使いたくないね。

今年、一緒にワールドや世界戦に行った連中が凄まじいスピードで伸びていく。
でね、結局彼らが何をしたかって言うとJシリーズのレベルを押し上げてるんだな。

レースが減って、ライダーが減って、フィールドが減っていくんだけど、だけどなんて幸運な事だろう。
向こう10年戦える連中が日本のDH界を支えつつあります。

あと、10代の連中は自分達のライフワークとしての「自転車」を本当に楽しんでいるように見えます。
Ninjya TVってみんな知ってますか?
冗談みたいに見えて彼らはきっと本気でコレをやってますよ。

こうやってセルフブランディングしてさ。
マズい、僕も負けないようにしないと。