現役復帰を決めた安達靖に聞く!

今日、とある製品展示会場で安達のヤッさんに会いました。
ダートフリークのチームライダーとしてウイングヒルズから現役復帰するという彼にちょっとしたインタビューをしてきたのでどうぞ!

ー久しぶりだね!ウイングヒルズからまた走るって聞いてます。チーム名は?
「DirtFreak/SARACENで走る事になりました。」

ー今回の復帰について、どういった経緯で?
「ダートフリークとはLITECのカタログなんかで以前から関わりはあったんですけど、今回SARACENを扱う事になったと言う事で話をもらって。ちょうど僕も暇な時だったし、そのうち復帰したいなって考えはどこかに持ってて。ちょうどいいタイミングで声を掛けてもらったんですよね。」

ー(ダートフリークとは)同じ愛知だしね
「同じ地元ですもんね。こうやって新しいチームができて、また盛り上げる事ができたらなって思います。」

ー引退してからは自転車乗ってたの?
「うーん、乗ってたって言える程は乗ってないですね(笑)やめてから約2年になるんですけど、最近この新しいバイクに乗り始めました。一発目に乗った時から良い感触で、感覚の問題で言うとだけど。まぁ、速い遅いは今はまだわからないですけど、乗った感じはとても良いんですよ。これは先が楽しみですよね、自分でも。」

ーここ2年間、レースから離れていたけどダウンヒルシーンの事は見てた?
「リザルトは毎回気にしてましたし、チェックはしてましたよ。で、自分が走ったらどんな結果かな?とか考えたりね。」

まずは今年の残り2戦に出場かな?
「まず今年は準備っていう感じでしょうかね。レースからも離れてましたしね。現役の頃と違って、まずは楽しんで出るっていう感じでね。今はレースをとても楽しみにしています。」

ウイングは地元だし、得意なコースだよね?
「そうですね、やっぱ出るからにはね!と言ってもやっぱりまだ今年はチームの体制もしっかりしていないし、まずはテスト的に走ってみるところからですね。来年はチームも大きくなるだろうし、体制もできあがると思うので開幕からいけるようにしたいですね。」

では、来週を楽しみにしています!

テックイン時代からずっとシンプルなシングルピボットに乗ってきたヤッさんにとって、SARACENは違和感なく乗る事ができたそうだ。
まずは準備ですから、と言いながら見たところ身体はギュっと絞れており、「何もしてません」とは言わせないぜ!といった雰囲気を漂わせておりました。

ウイングでの結果が楽しみですね!